カテゴリ:エクスプレッシブアートセラピー( 2 )

フォトセラピー イン アメリカ

先日、SonomaにあるCotatiでアメリカ初のフォトセラピー・ワークショップを行った。PCETIのパトリシアがSata Rosaジュニア・カレッジのプログラムの一環として行っているエクスプレッシブ・アート・セラピーのクラスでのプレゼンテーションだ。クラスの参加者は、シニア中心の女性14人。c0029032_1363497.jpg
 今回の、英語のプレゼンテーションには、友人のYokoさんに多大なるサポートをいただいた。フォトセラピーをまとめたテキストの翻訳と、クラスでのトランスレートというGreat Helpである。彼女の提案でテキストをもとに、フォトセラピーについて自分自身の声で英語で皆さんに伝えることにチャレンジした。
 フォトセラピーってどんなものだと思いますか?という質問をなげかけると、言葉からだいたい想像がつくけれど、アメリカではまだ聞いたことがないという意外な答えがかえってきた。
 フォトセセラピーがどのようにして出来たか、またフォトセセラピーとはどんなものか?を説明しそして、皆さんお待ちかねの撮影タイム。今回は、ピンホールカメラを使用。2台のスタンダードのポラロイドピンホールカメラと、1台の80ピンホール、それから、自作の広角スタンダードバージョンの4台での撮影となった。c0029032_1371120.jpg
 さすがに既にアートセラピーを受けておられる方ばかりなので、抵抗なくコントロールのきかないピンホールにもすぐになじみ、存分に楽しんでいただけた様子。こちらに来て少し離れていた、ワークショッップの楽しさをわたし自身も久しぶりに味わうことが出来た。
 それぞれに、写真を感じ、ひとりひとり素敵なコメントをお話していただいた。アメリカの女性たちも強気に自信満々な人ばかりではないことを知ったり、あるいはそういう方とも、自分のこころに素直になり、共感できたことが一番の収穫だった。
 「もっと撮りたい!」という皆さんのリクエストに応え、第2弾もおこなうことになった!自分もアメリカでフォトセラピーをやってみたいという方まで現れ、にわかに
フォトセラピーが浸透しそうな予感である。
 
 今回の機会を与えてくださったパトリシア、そして、親身に協力してくださったYokoさんにこころより感謝申し上げます。ありがとうございました。
[PR]
by artaira | 2005-04-30 00:53 | エクスプレッシブアートセラピー

Cotati

きょうは、とてもうれしいことがあった。かねてから私がバイブルにしているナタリー・ロジャース氏の表現療法を行っている、Person-Centered Expressive Therapy Instituteを主催しているパトリシアの表現アートセラピーのクラスに参加した。昨日電話でコンタクトを取ったときから、パトリシアは、ほんとうに暖かくこころの広いグレイト・スピリットの持ち主だなと直感した。私の自己紹介や、フォトセラピーのことを伝えると、「毎週木曜日にクラスを持ってるから、そこにきてみたら?」と気軽に声をかけてくれた。「それって、もしかして明日?」「あら、ほんと、明日だったわ〜〜」なんとも、気さくなかたである。

 向かった場所は、Cotati。こういう聞き慣れない地名は、たいがいネイティブ・アメリカンの言葉だ。カリフォルニアの地名は、その地に古くから住んでいた人々が使っていたスペイン語、ネイティブアメリカンの言葉がそのまま残っていることが多い。私の家もEL MARINEROという、いかにもスペイン風な通りの名前だ。
 Cotatiは、私の家から車で101に乗り、45分ほど走ったワインカントリーのソノマからほど近いところにある。ナタリーをはじめ、わたしの最も信頼する彼らがこんなに近くに住んでるなんて!

 パトリシアとは、不思議と会った瞬間から、ずっと前から知っていたような気がした。お互いに、アート表現をとおして、人々の心を自由にすることが私たちの大きな仕事だと語り合った。彼女は、私にフォトセラピーのプレゼンテーションの場を与えてくださり、2週間後には、彼女のクラスでアメリカで初のフォトセラピーのメソッドを英語で(!)公開することとなった。私のフォトセラピーの根底には、かれらの哲学が深く流れているので、きっと容易に理解してくれることだろう。プレッヤーはあるが、ひとつひとつ言葉を適切に伝えてみたい。そのときにピンホールカメラのプチワークショップもご披露してみようと思う。

 心から選んだ言葉で、会話をすると、本当に心は通い合う。

当然のことながら、言葉は大切なコミュニケーションツールである。でも、それだけではすべてをカバーすることはできない。

 言葉がわかっても壁がある。
 言葉がわからなくてもわかり合えることがる。
 それが、アート表現なのだ。

なんだか、いよいよわたしの次なるメソッドへのイマジネーションが湧いてきた!
[PR]
by artaira | 2005-04-07 13:45 | エクスプレッシブアートセラピー