Bay Area Life を後にして 

バタバタの引っ越しを終え、いまやっと日本行きの飛行機に乗った。

 最後のブログを28日に書いた後、優雅にリンダとの最後の晩餐を過ごす予定だったのだが、引っ越しの準備が押せ押せになり、結局、帰国当日まで持ち越してしまった。
 
 28日朝3時半から、パッキングを始めたが、つめてもつめても減る様子もなく、自分でも「あれ〜〜〜?全然終わらなくなくなくなーい?」と、はじめてことの重大さに気がついた。
 「引っ越しなんて」と高をくくっていた。だが、間違いなく翌日の出発まで、時間との戦いであることが、ようやくわかったのだ。かなり問題である。朝10時頃、とりあえず、リンダが貸してくれていた沢山の品(シスコの家を借りたとき、リンダは、「写真家の家には写真がないとね」といってフレームを始め、沢山のHouse Staffを貸してくれた。フレームの写真は、リンダ・コナー、オリビア・パーカーを始め、蒼々たる写真家のものを10枚も!!!)などを返しにいき、その足で空港に彼女を迎えにいった。
 
 ArrivalのDoor4に着くとすでにリンダが待っていた。車を止め、リンダと2ヶ月ぶりの再会をした。

「リンダ、少しスリムになったっじゃない?」
「そう見える?嬉しいわ、きっとワインを飲まなかったからね」
「それは、寂しかったわね」

リンダの家に着くまで、Eiko氏のレクチャーの報告や、わたしの作品のこと、リンダのインドのことなど、お互いに休む間もなく話続けた。
「猫たちは、リンダに会ったら大喜びね!」
「彼らが、私を忘れていないといいわー」

 やはり猫は3年の恩を3日で忘れてしまうのだろうか。ちと、寂しい。確かに猫は、犬のように目に見えて喜びを表すわけではないので、解りづらい。


 無事家に着き、留守を守っていたHiroyoちゃんもリンダを迎えた。わたしは、もちろんアンフィニッシュワークの「引っ越し問題」を抱えていたが、最後のディナーは、感謝をこめてリンダの好きな物を作りたかったので、そのように提案し、夜は3人でパーティをしよう!ということに。

 リンダには、しばし休んでいただいて、その間Hiroyoちゃんが引っ越しを手伝ってくれた。それはそれは大変で、大きくて半端じゃなく重たいスーツケース4ヶ、手荷物として、TEMBAの大リュックに大きい布バッグ。それから、パソなどを入れたバッグというラインナップとなった。わたしは、何の疑いもなく、これを一人で持って帰ろうと思った。見かねたHiroyoちゃんは、
「無理だ。どう見ても」
「新宿まで母に迎えに来てもらうことになってるから大丈夫!」と、わたし。
「そこまでどうやって、一人で運ぶの?」
「なんとかなるわよー」

わたしは、やっぱり楽観的な人間なのだろうか。
あるいは、なにも考えていないのだろうか。


 夜8時過ぎ、いったん作業をやめて、ディナー作りに向かった。

 リンダがとても気に入ってくれていた「アボガド・ツナ」に「ヒラメのカルパチョ」などを3人でほおばりながら、リンダのお土産話に白ワインが進んだ。

 食事が終わり、リンダに「Mission St.」を見ていただいた。一枚一枚丁寧に見てくださり、適切な感想、アドバイスをくださった。

「まるでメキシコね!」
「Masumiは、ポートレートも、すごくいいわね」
「これだけ作るのに、大学院生だったら2年はかかるわね」
etc・・・・。
Hiroyoちゃんも、優しく
「いい作品展になりそうね」と。

 同時に進行していたあと2つのプロジェクトは、近いうちにあらためてリンダに見せにくることを約束し、Hiroyoちゃんと再び引っ越し作業へともどった。

 持ちきれない荷物を船便用に箱に積め、すべてが終了したのは朝の3時を過ぎていた。

 二人でリンダの家に戻り、7時まで眠った。


 朝、起きて支度をしているとリンダが私に箱をひとつ手渡した。

彼女がインドに行く前日に二人で話しているときに、わたしが、
「研修の思い出に、リンダの作品を買わせていただきたいのですが」
というと、
「わたしも、同じことを考えていたのよ。でも、それは、私からのプレゼントよ!どのイメージがいい?」

 あまりの、光栄に驚いた。

 リンダは、そのことをきちんと覚えていてくれ、「忙しいときに、いろいろありがとう。」といって、そっと渡してくれた。

 わたしは、奪い合う関係ではなく、与え合う関係の素晴らしさを体験した。

ぎりぎりまで引っ越し準備でばたばたしていた出来の悪いテナントのわたしに、最後まで優しくしてくれたジョセフィン、まるでサバイバルのような引っ越しを親身に手伝ってくれ、空港まで送ってくれたHiroyoちゃん、そして、どんなときも上に立つわけじゃなく、一人の人間として同じ目線で優しく関わってくれたリンダ。

 みなさん、ほんとうにほんとうにありがとう。

 シスコでの滞在の最後にいただいた、かけげのない宝物。

 これが、「まごころ」というものなのだなと、深く深く心に響いた。

 神様の采配、ギフトに、こころより感謝してやまない。

 素敵な、体験をありがとう。

 いま、空を飛びながらこの1年間のさまざまな出会い、出来事、問題などを通して自分が確実に変化したことを不思議なほど体で感じている。時間、空間をすごい早さで移動して、今度は日本という場所に戻り、自分がどんな風にこれらの経験を咀嚼しアウトプットしていくのか。

これまた、どうしようもなく自分にわくわくしている。



 
 




[PR]
by artaira | 2005-09-29 13:28
Good by Bay Are... >>